パワーボンド(長尺防水シートカーペット)

水洗いが容易にできる長尺塩ビシートの機能を持った1820mm幅のロールカーペット


パワーボンド(長尺防水シートカーペット)

医療・福祉施設等におすすめの「第3の床材」

カーペットと長尺塩ビシートの長所を併せ持ったハイブリッド床材

カーペットと長尺塩ビシートの長所を併せ持ったハイブリッド床材

カーペットは、長尺塩ビシートには無い反響軽減、光の反射を抑え、癒し効果をもたらし、医療・福祉等の安らぎを求められる場所に適した床材です。
しかしながら従来のロールカーペットやタイルカーペットは、水洗いでのクリーニングがしにくいと言うことが弱点となっていました。
Tandusパワーボンドシリーズは下地に全面接着するだけでなく、ジョイント部分も全て接着することで床面をカバー。水分をブロックするプレコート中間層の装備効果により水洗いが容易にできるようになりました。さらに1820mm幅の長尺カーペットですから、ロールカーペットに比べ取り扱いも簡単です。

40年以上にわたる公共施設への納入実績

40年以上にわたる公共施設への納入実績

Tandusパワーボンドはメンテナンス性に優れ、保温効果が高いなど施設のラン二ングコスト節減効果があります。
海外では40年以上にわたり病院、介護施設、教育施設、空港など様々な公共施設に納入実績があります。

転倒時の事故防止を重視する場所用として厚めのクッションバックを、車椅子キャスター等の利用の多い場所用には薄いバッキングと用途に合わせ選択ができるバッキングラインナップを取りそろえております。

医療・福祉施設等におすすめの「第3の床材」
医療・福祉施設等におすすめの「第3の床材」

防水機能に優れたバッキング

長尺防水シートカーペットの長尺塩ビシートにも匹敵するメンテナンス性の高さは、カーペット部分の裏を覆うバッキング層によります。間にプレコート中間層を持つことにより、水を使ったクリーニングに耐えうる防水性を実現しています。

水分をブロックするプレコート中間層
接着されたジョイント
水分を通さないパワーボンド

基本スペック

1,820mm
厚さ 5mm~8.7mm
表面素材 ナイロン100%
バッキング 塩ビ発泡バッキング

パワーボンド施工動画

パワーボンド施工ガイド / リニューアル例 硬質床材→パワーボンド(Dupage大学 米国イリノイ州) / パワーボンドPR

パワーボンド施工流れ

タイルカーペットからの貼替え施工手順例

1.リニューアル前

1.リニューアル前

2.下地調整

2.下地調整

3.基準位置決め

3.基準位置決め

4.幅継ぎ位置決め

4.幅継ぎ位置決め

5-1.裏面接着剤シール除去

5-1.裏面接着剤シール除去

または 5-2.床面接着剤塗布

または 5-2.床面接着剤塗布

6.ローラーで圧着

6.ローラーで圧着

7.ジョイント部を重ねてカット

7.ジョイント部を重ねてカット

8.ジョイント用接着剤塗布

8.ジョイント用接着剤塗布

9.ジョイントを合わせる

9.ジョイントを合わせる

10.ローラーで全体を圧着

10.ローラーで全体を圧着

11.施工完了

11.施工完了

<補足>

5の工程はすでにのり付仕様の場合は 5-1のようにパワーボンド裏面のシールをはがしそのまま 貼り付けます。裏面に接着剤が付いてない仕様の場合は床面に接着剤を塗布します。裏面の仕様は新築、改修など工事内容により適した仕様をご提案いたします。