医療福祉・介護施設の施工事例をご紹介します


毎日多くのひとが訪れる介護施設・介護エリア・医療福祉のタイルカーペットの選択で重要なポイントは耐水性に優れ、衝撃吸収性と防汚性機能を併せ持つカーペットがベストです。快適なインテリアを演出することはフィジカルだけでなく患者や入居者のメンタルケアにも貢献します。

医療福祉・介護施設からは、衛生面やメンテナンス性に重点が置かれ、防汚性、耐水性に優れたカーペットのニーズが求められています。
タンダスパワーボンドカーペットシリーズは1.82m幅のシート状のカーペットで、ジョイント部分をシーミング接着することで水分を完全にブロックし、水を使ったシャンプークリーニングでも水分を下地に浸透させることはありません。
防水効果があることで乾燥期間も早く、下地に水分が残らずカビや悪臭の発生を防ぎ衛生的です。
尚、硬質系床材に比べカーペットは防音効果にも優れており、歩行音を軽減し静かで快適な空間を実現します。
また介護施設においては滑り難く、転倒しても安全なカーペットが採用要素として大きなアドバンテージになっています。
欧米では医療福祉・介護施設にパワーボンドカーペットは50年以上の実績を持ち、ヘルスケア市場において幅広くご愛顧頂いています。
http://www.tmi-llc.jp/product/powerbond.html