タイルカーペットはオフィス用の床材として国内で普及しましたが近年ではホテルをはじめレストラン等の商業施設全般にも使用例が急速に増え、近年は居住空間にも適した床材として注目されています。

タイルカーペットの利用度が、全世界でこれほど急速に普及した床材はタイルカーペットおいて他に例を見ません。

それは一体どうしてなのか。何故これほどタイルカーペットが普及したのか。

それはタイルカーペットが、タイルとカーペットの良さを活かした複合床材だからです。

硬質系床材との比較ではタイルカーペットはカーペット形状からくるメリットがあり、

ロールカーペットとの比較ではタイルカーペットはタイル形状からくるメリットがあります。タイルカーペットはその両方の機能とメリットを併せ持っているのです。

それぞれ5項目にまとめましたのでご覧下さい。

 

まずタイルカーペットのタイル形状から来るメリットは

  • 防音性と音響効果を持つタイルカーペット

タイルカーペットは、優れた吸音効果を持ち、騒音を30%も減少させる性能があります。それは、表面の繊維がたくさんの空気を含んでいるからです。

床衝撃音が低い → 落下音や歩行音が減少し、静かになる。
吸音率が高い → 残響音が減少し、声が聞き取りやすい

 

  • 保温性と省エネルギー効果を持つタイルカーペット

タイルカーペットは密度の高い表面繊維の中に空気が分離された形で含まれている為、保温性と断熱性に富み、足もとの冷えを解消し、硬質系床材よりも床から流出する熱エネルギーを25%も節減します。

 

  • 照明性と視覚疲労保護を持つタイルカーペット

天井からの照明は、床にあたり反射光となります。硬質系床材に比べて、タイルカーペットの場合は表面の繊維が反射光をほとんど拡散させるため、目に入る反射光を弱め、ソフトな照明効果が得られます。

 

  • 快適な歩行性と安全効果を持つタイルカーペット

タイルカーペットは歩き易く、疲れ難く、硬質系床材のようにスリップして転倒することがなく、転んでも怪我をしない安全性に優れています。また、壊れ易い物を落としても破損する確率も硬質系床材に比べ、かなり低い確率です。

 

  • 装飾性と心理的効果を持つタイルカーペット

タイルカーペットはインテリア効果を高め、スペースの雰囲気に合わせたカラーコーディネートが可能です。装飾性の高いフロアーはそこで生活する人の心を癒し、そこを訪れる人々にくつろげる快適な雰囲気を提供します。

 

さて次はタイルカーペットのタイル形状からくるメリットとは

 

  • 移動運搬性が良いタイルカーペット

タイルカーペットは広幅のロールカーペットに比べコンパクトなため、エレベータを使用し、あらゆる場所に搬入、搬出が容易です。

それにより、納品コストを削減することが可能です。

 

  • 施工性が良いタイルカーペット

タイルカーペットはロールカーペットに比べ、部分施工や単独施工ができるため、什器移動の手間を省き簡単に改装することが可能です。また、ロールカーペットの半額程度で施工が可能です。

 

  • 互換性が良いタイルカーペット

タイルカーペットはタイル形状であるため部分的な取替が簡単に行えます。

そのため、タバコの焦げ跡や頑固なシミ等の補修作業を容易にするだけでなく、汚れ易い場所と汚れ難い場所のローテーションを可能にし、メンテナンス性にも優れています。

 

  • 収納性が良いタイルカーペット

タイルカーペットは50センチ、24インチ、最近では25センチ×100センチ等コンパクトなサイズですからロールカーペットのようにスペアの保管場所に困ることなく、最小スペースに保管することが可能です。

 

  • デザイン性が良いタイルカーペット

タイルカーペットはタイル形状であるため、様々な色や形に貼り分ける事ができ、床材としての表現力に高いパフォーマンスを持っています。高度化、複雑化する空間デザインの要求に答えることが可能です。

 

以上要訳しますと下記になります。

 

タイルカーペットのカーペット形状からくるメリット

  • 防音性   タイルカーペットは騒音を30%もカットします
  • 保温性   タイルカーペットは25%の省エネ効果を実現します
  • 照明性   タイルカーペットは視覚疲労保護を可能にします
  • 快適性   タイルカーペットは歩行性と安全効果を高くします
  • 装飾性   タイルカーペットはデザイン性と心理的効果に優れます

 

タイルカーペットのタイル形状からくるメリット

  • 移動運搬性 タイルカーペットは納品コストを削減します
  • 施工性   タイルカーペットは施工コストと時間を削減します
  • 互換性   タイルカーペットは優れたメンテナンス性を発揮します
  • 収納性   タイルカーペットは最小スペースで保管可能です
  • デザイン性 タイルカーペットはフロアデザインパフォーマンスを高めます

 

そして更に付け加えるなら近年タイルカーペットは無地から柄物に主役を譲りつつあります。これは柄がある事で、汚れが目立ちにくくなり、メインテナンスコストを軽減でき、いつまでも綺麗な美観を維持する事が可能だからです。

またタイルカーペットに求められる機能としては

  • タイルカーペットの耐久性

タイルカーペットは繊維の中で最も耐久性に優れたナイロン糸使用の素材が主流です。

タンダス社のカーペットはその中でも耐色堅牢度が高い原着糸を使用しています。

 

  • タイルカーペットのクッション性

一般的にはタイルカーペットのバッキングは塩ビが主流ですが、近年ではバッキング素材にクッション性を持たせ、より快適な歩行感を提供できる製品も開発されています。

タンダス社のカーペットは全てクッションバッキング対応が可能です。

http://www.tmi-llc.jp/product/cushion.html

 

  • タイルカーペットの環境対応性

近年地球温暖化を危惧する声がグローバルに叫ばれています。カーペット業界でもこの流れに対応する為、環境対応製品の開発が進んでいます。

バッキング素材がリサイクル原料を使用しているもの、または使用後のリサイクル可能な製品が今注目を集めいています。

タンダス社はいち早く環境に配慮し、研究を重ね、メーカーを問わず廃棄タイルカーペットを回収し、世界に先駆けタイルカーペットのリサイクル使用を実現しています。

http://www.tmi-llc.jp/kankyo.html